トレーニング用語辞典ssk-japan

筋力トレーニング・スポーツ栄養学・スポーツ医学に関する用語の解説

◆広背筋の構造・広背筋を鍛えるトレーニング種目(もくじ)

◆広背筋の構造と形状

 広背筋(こうはいきん)は、背中の筋肉の下方に広がる筋肉のこと。

 三角形状の対をなす筋肉で僧帽筋の下方に位置し人体で最も広い面積を持つ筋肉でもある。

 俗に言う男性の逆三角形の体系は三角筋などの肩の筋肉の盛り上がりだけでなく、肩後面から脊柱起立筋にかけて逆三角形状に配置されている広背筋の影響が大きい。

◆広背筋を鍛えるトレーニング種目

 広背筋は大きな背中を作る上で欠かせない筋肉である。

 広背筋の主な働きは腕の引き付けに関わる動作で水泳のプル動作などでも上腕三頭筋とともに広背筋が連動して働く。

 代表的なトレーニングメニューとしてはラットプルダウンやローイング系のどちらも広背筋を閉める動作を伴うやはり引き込み系のトレーニング種目が主体となる。

 また背中の全体的な強化メニューとしてはチンニングや懸垂などラットプルダウンに近い動作を伴うトレーニングメニューも効果が高い。

 純粋にストリクトとして広背筋を鍛えるトレーニングメニューは厳密には存在せず、上腕二頭筋や上腕三頭筋、そして三角筋や大円筋と連動して筋収縮を達成する筋肉で有ることを把握しておく必要が有る。