耐熱温度・融点のまとめ

鉱物・石材・資材・合成樹脂の耐熱温度・融点のまとめ

◆アルミニウムの耐熱温度・耐熱性

◆有能な耐熱性を誇るアルミニウム合金

 アルミニウムは単体で融点933.47。アルミニウム合金であれば100度近くの耐熱性を誇る素材である。

 アルミニウムは配合する金属によって合金の種類が変わる。

 熱には比較的強い耐熱性を誇るがアルミニウム合金の大半は140~150度以上になると強度が極端に低下し始める特徴を持つ。

 アルミニウム製品は家電や旅行用のバック、車のホイールや腕時計、工具まで非常に多岐にわたる。

 このアルミニウムは剛性はやや劣る部分があるが、加工性も高くかつ軽いことが最大の特徴である。

 この剛性の問題を解決すべき誕生した合金がジュラルミンを含有する合金などである。

◆アルミニウムで1円玉を制作するコストは1円を超える

 我々が最も目にする機会の多いアルミニウムは何だろうか?

 そう、おそらく1円玉である。

 アルミニウムは剛性が低い為、他の金属と混ぜ合わさった合金として使用されるケースが大半である。

 しかし、この1円玉に関しては純粋に100%アルミニウムで構成されている。

 アルミニウムで1円玉を制作するコストは1円を超える。

 また1円玉のアルミニウムの価値も1円以上となるケースが多い。

 効果の中では唯一、時価の価格以上の価値が認められている硬貨が1円玉である。

 資源の枯渇が心配される。

 政府にデフォルトが懸念される。

 極論としては、このような状況下においては1万円札よりも1円玉1万枚の方が価値が高くなる。

 そんな可能性もある訳である。